読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017プロ野球順位予想 パリーグ編

。。昨年日ハムの大逆転優勝で幕を閉じたパリーグソフトバンクにとっては大変悔しいシーズンになっただろう。もちろん、ほかの4球団も気持ちは同じだ。今年こそ優勝しようと各球団戦力を整えてきただろう。そこで私なりに2017パリーグ順位予想をしてみる。

1位.福岡ソフトバンクホークス

去年逆転優勝を許したソフトバンク今年は日本一奪還を至上命令として、カイルジェンセン、前ロッテのアルフレデスパイネと補強ポイントの長距離打者をしっかり補強してきた。投手陣は元々球界屈指でありローテは和田.武田.千賀.バンデン.東浜と二桁勝てるピッチャーが揃っている。中継ぎは森.五十嵐.岩崎.抑えにサファテを中心に回してくるだろう。細川、森福が退団し正捕手の不在と左の中継ぎがいないということはソフトバンクの弱いところだろう。だが、そこまでひどい戦力ダウンではないと思う。捕手は高谷.鶴岡と信頼できる捕手はいる。森福の所には飯田や嘉弥真と代わりはいる。野手陣の戦力層も飛び抜けてるだけに選手が本来の能力を発揮すれば圧倒的な優勝も可能だろう。

2位.北海道日本ハムファイターズ

去年のパリーグ優勝チームは今年は2位という予想だ。2位を予想したのは去年のように上手くいくか不安がある。去年は怪我人が、少なく安定した戦いをすることができた。大谷の大活躍に西川の覚醒、高梨、加藤、有原などの新たな若手の活躍が目立った。去年一年の成績だけであり、それを今年も継続できるかという所に不安が残る。陽岱鋼の穴は岡広海など代わりは出てきそう。今年も去年と同様の働きを選手がすればソフトバンクと優勝争いをすることはまちがいないだろう。なにより日本ハムは中継ぎがそろっている。谷元.宮西.マーティン.増井.石井など強力な中継ぎ陣である。大谷が投手として開幕に間に合わないらしいが野手としては出てくるだけに個人的には投手で出てくるより怖い。

3位.東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天をAクラスに持ってきたがここは正直分からない。他の3球団と比べた時戦力ダウンがなく補強を、しっかりできている。西武から岸、ソフトバンクから細川と頼りになるベテラン2人が加入し則本、岸、美馬、塩見など先発陣の厚みが増したと思う。中継ぎには少し不安はある。あとは銀次、聖沢などが本来の活躍をし打線を引っ張ればAクラスに最も近い存在だろう。

4位.千葉ロッテマリーンズ

去年はスタートダッシュに成功しAクラスを維持し続けたロッテ。投手陣は涌井、石川を中心に勝てるピッチャーはいる。また去年は4番デスパイネを中心とした粘り強い打撃陣が光った。3位のロッテを4位に下げたのは打線の核であるデスパイネが抜けたことだ。デスパイネの穴を埋められるであろう人も特にいない。助っ人はパラデスや井上がデスパイネ級の活躍ができれば今年もAクラスに入れる力はあるだろう。涌井、石川に続く二桁勝てるピッチャーがもう1人出てくればさらに怖い存在だ。

5位.オリックスバファローズ

2014年で優勝争いをして以降チーム状態の上がってこないオリックス。一昨年、去年と選手の名前だけ見れば豪華な顔ぶれだが中々成績がついてこない。今年は糸井が、抜け戦力ダウン。それでも金子.西.ディクソン.東名と先発陣の駒はそろっている。野手陣もT岡田や安達、中島、小谷野と実力者揃い。期待の若手.吉田も糸井の穴をうめる力は持っている。一見、優勝もできそうなほど戦力は揃っているがおわってみればBクラスにいるのがここ何年かのオリックスだ。今年こそまずはAクラスに入り込みたい。

6位.埼玉西武ライオンズ

去年5位の西武を下げたのはエース岸の退団に限る。岸が抜けた時の投手陣を考えた時一番手は去年初めて二桁勝った、菊地が出てくる。だが今年も菊地が安定した投球をみせられるかと言われると不安が残る。1チームに1人は信頼してまかせられるピッチャーがいるが西武のみその存在が見当たらない。これはチーム的にも不安定になる。野手陣は中村、浅村、メヒアなど強力なだけに新たな若いピッチャーがでてきて頑張って欲しい所だ。

 

まとめ

今年もソフトバンク日本ハムの二強状態ではあるが何が起こるか分からないのが、野球!

2017パリーグも目が離せない!

みなさんも順位予想やってみてください。

 

 

<a href="http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100kyyf00h0kz" rel="nofollow" target="_blank"><img src="http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100kyyf00h0kz" alt="パーフェクトビタミンシリーズ 1日分のビタミン 定期購入【ハウスウェルネスフーズ】" border="0" /></a>

 

 

 

2017WBC 出場選手予想‼︎最高のメンバー30人は誰だ⁉︎

2017年春に開催されるWBC

2013年WBC、昨年のプレミア12と国際大会で悔しい思いをした侍japan

この2017年WBCこそリベンジのチャンスだ!

では、いまの侍japan最適30人を個人的に選んでみた‼︎

WBC2017(30人)
投手14
大谷(日)、藤浪(阪)、武田(ソ)、菅野(巨)、和田(ソ)、涌井(ロ)、金子(オ)
宮西(日)、牧田(西)、谷元(日)、秋吉(ヤ)、増井(日)、松井裕(楽)、則本(楽)
野手16
内野手
坂本(巨)、松田(ソ)、菊池(広)、中田翔(日)、山田(ヤ)、内川(ソ)、中島卓(日)
外野手
柳田(ソ)、秋山(西)、筒香(横)、鈴木誠(広)、角中(ロ)、平田(中)
捕手
嶋(楽)、大野(日)、中村悠(ヤ)

 

メンバーがシーズン通りに働き、小久保監督が上手く采配できれば日本の優勝は間違いなしだろう‼︎

みなさんはどういったメンバーを選びますか⁉︎

 

ソフトバンクなぜ優勝逃した⁉︎原因徹底分析‼︎

日本ハムの大逆転優勝で幕を下ろしたパリーグ。  しかし、この日本ハムの優勝が予想出来ていただろうか⁉︎日本ハムが三位以内に入ってくるだろうとは思っていたがまさか優勝するとは思っていなかっただろう。

私は今年もソフトバンクホークスが優勝すると思っていた。野球解説者の人達も多くがソフトバンクの優勝を予想していた。だが、なぜホークスは優勝できたなかったのだろう⁉︎  まず、なぜホークスが優勝候補だったかというと、やはり戦力が群を抜いていたということだろう。前半戦!ホークスは予想通り一位を独走していた。2位と最大8.5ゲーム開いておりこのまま最速優勝を決めてしまう勢いがあった。和田 千賀 武田 バンデンハーク 攝津で始まったローテーション。和田の活躍は期待以上だっただろう。しかし攝津が1勝しかできず、バンデンハークも前半戦終盤で疲れが出て九月まで帰ってくることはなかった。残った3人さらには東浜、岩崎と若手が出てきたこともあり一位をキープできていた。ではいつホークスはおかしくなってしまったのだろう。やはりオールスターが終わってからの後半戦前半ここら辺から打線と中継ぎ陣が狂い始めた。前半戦までのチーム打率.270ほどあったのが後半戦.230ほどまで下がった。さらに勝ち試合を中継ぎ陣が壊してしまう試合が急に多くなった。ホークスのこの負の連鎖の時、絶好調だった球団が日本ハムだ。破竹の15連勝などあっという間に2位のロッテを抜き去った。八月になりペナントの優勝争いが激化する。八月になってもホークスは打線が湿りがちであり、中継ぎ陣も立て直すことがまだ出来てなかった。絶好調だった日ハム。それでも日ハムとの差は7.5ゲームほどあった。私が思うに力を入れ直す時はまさにこの時だっただろう。ここで踏ん張ることによって逆転優勝されることはなかったと思う。差はぢりぢり縮まり九月の時点で−0.5〜2.0の間でギリギリ一位を保っていた。しかし、九月の中盤ホークスは2位に転落した。そこからは一位を行ったり来たりし、そして最後の直接対決2連戦ここでホークスは日ハムに2連敗。

ここを2つ落としたことが痛かった。その後粘りを見せたが遅かった。そのまま逃げられ3連覇を逃した。

私は監督の責任も大きいと思う。攝津、バンデンハークの離脱、優勝争い真っ只中での柳田の骨折など怪我も響いた結果だろう。個人的には吉村を監督が使いつづけたことはホークスファン的にも疑問だっただろう。ブレイクした城所、吉村より、打率の高い福田を使った方が良かった気がする。また、ホークスはヘッドコーチがいないため監督と選手間の関係がぎくしゃくしていた。このようなことがあってホークスは優勝を逃してしまったとだろう。

まだ、日本一が、残っている。ペナントでの挽回をしてほしいものだ‼︎

2016年プロ野球日本一は⁉︎どのチーム?広島カープ編

セリーグで25年ぶりの優勝を決めた広島、2位巨人、3位DNA(9/21)

いまだ、首位争いが続くパリーグ ソフトバンク日本ハム!3位確定のロッテ!

パリーグのどちらのチームが優勝するにしろ日本一のチャンスはすべてのチームが持っている。

さて、この6チームの中で日本一を掴み取るのはどのチームだろうか

ここで各チームの戦力分析をして行こう

今回は広島を分析して行こう!

  今年25年ぶりの優勝をした広島!6チームの中では一番勢いがあるだろう‼︎  まず広島の投手陣から見て行こう。 今年才能を開花させた野村を中心に二桁勝利のジョンソン、200勝黒田の三大柱だ。さらに今年の広島を支えたのは中継ぎ陣の働きが大きかったと思う。助っ人のジャクソン、ヘーゲンズはもちろん!今村、一岡、九里など若手も活躍した年だ。抑えの中崎を安定していた。今年のカープは投手陣が本当に良かったと言えるだろう!

一方、打撃陣はどうだろう⁉︎

こちらの方も今年は非常に強かった!

個人的には菊池と丸が安定した打撃をしてくれたのが大きかったと思う。2人が活躍することにより打線を組みやすかっただろう。さらに今年大ブレイクした鈴木誠也‼︎この人が今年の広島の勢いを象徴していた!打率.333本27(9/21)これほどまでの成績を予想できただろうか⁉︎鈴木以外にも今年2000安打を達成した新井や安定した打撃をみせてくれた田中、エルドレッド、ルナ、安部、松山など沢山の選手が広島を引っ張ってくれただろう!捕手の石原、會澤にしても上手くピッチャーをリードしてくれた!

しかし‼️これほど投打で圧倒している広島でも簡単に日本一の座は取れない‼︎ファイナルステージで巨人またはDNAが出てくる。1勝のアドバンテージがあるため3勝すれば日本シリーズだ!

1戦目 野村 2戦目 ジョンソン 3戦目 黒田。ここまでは計算のできる試合ができるだろう。しかし、ここからどのピッチャーを出せばいいだろう?ヘーゲンズ、薮田、九里、岡田などピッチャーはたくさんいるが不安なピッチャー陣ではある

ここは打線に期待するしかない思う!

多少の不安はあるが勢いのある広島ならファイナルステージを突破してくるだろう‼︎

だが、一番怖いのがパリーグの強豪な3チーム、ソフトバンク日本ハム、ロッテだ!

どのチームも投打にバランスが取れセリーグの各チームより手強いのは間違いない!ここ数年の交流戦のデータがそれをしっかりと出している。パリーグセリーグではパリーグの方がレベルが上だ!このし烈なパリーグを抜け出した3チームはなおさら強いだろう、仮に現在1位のソフトバンク日本シリーズに出てくるとしよう。

王者といわれるソフトバンクにどう戦うとしようか⁉︎ここで広島が苦しくなるのがやはり4戦目以降の先発投手だろう

ソフトバンク最多勝の和田を中心に二桁の武田、千賀、無敗男バンデンハーク、今年ブレイクの東浜、5年連続二桁の攝津さらに、大隣.寺原.中田.岩崎など大舞台をまかせられる投手が沢山いる。

この、ソフトバンクに広島はどうすれば勝てるだろうか⁉︎まずは野村、ジョンソン、黒田の3人でできれば3勝したい!最低でも2勝1敗に持っていきたい所だ

3勝できればぐっと日本一が近づくこと間違いないだろう。しかし、2勝1敗だと少し厳しいだろう。ソフトバンクはどの投手も強敵だ。しかし広島はどの投手をだせばいいか悩む所だろう!ここで2つ勝ちを取れるか緒方監督の手腕に期待したい所だ‼︎ 鍵は慣れないCSでペナント通りの力が出せるか⁉︎といった所だろうか どちらにしろ広島が日本一の有力候補であることには間違いない。

ポストシーズンが楽しみだ!!!!